11/24(火)まで  石と砂の伝統芸術 細川流盆石展

11/20/2015

Hosokawa_ryuu_bonseki
「盆石」は、室町時代に茶道や香道と共に発展した和の芸術です。
江戸時代には八つの流派が生まれるほど大流行しました。

漆塗りのお盆の上に、極小の白砂、美しい石、様々な種類のお道具を使って、日本各地の名所、四季折々の山水の風景を繊細かつ大胆に描くことができます。

細川流盆石は、この盆石の技と心を今に受け継ぎ、多くの方に知って頂きたいと作品展を開催いたします。ぜひ会場にお越し頂き、盆石の美しさを直接ご覧になってください。

12~19時(最終日は16時終了)

【主催】一般財団法人細川流盆石 大阪支部一同
【後援】細川流盆石家元 勝野功子・玄悠
【場所】小大丸画廊
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル3階
℡06-6211-3023
【最寄り駅】地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅より徒歩5分
【入場料】無料



┗ 11月 20, 2015 大阪, 細川流盆石さん |


はてな・twitter・facebook


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/33654887

このページへのトラックバック一覧 11/24(火)まで  石と砂の伝統芸術 細川流盆石展:


コメント


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。